音楽プロデューサー酒井政利さん死去、帝銀事件・平沢貞通死刑囚の隠し子と報道された過去も…

音楽プロデューサー酒井政利氏(右)、平沢武彦氏 2000年12月15日撮影 紀尾井町

本日、CBS・ソニーで山口百恵や郷ひろみなどを手掛けた音楽プロデューサー・酒井政利(さかい・まさとし)さんが2021年7月16日に心不全のため都内の病院で死去していたことが明らかになった。
酒井氏はレコード業界黄金期の礎を築いたと言われているのだが、過去に女性週刊誌に「帝銀事件死刑囚・平沢貞通の愛人の子」とセンセーショナルに報じられ、世間の好奇な目に晒された過去があるのだ。
平沢貞通が京都で画家として活動していた時代に酒井氏の母をモデルとしたことがあったため、そのような報道がされ、酒井氏は事実無根と否定していたが、真相を求めて平沢との面会を希望していたとも伝えられている。

酒井氏は「平沢貞通氏を救う会」に対してたびたび寄付などの支援を行っていたが、冒頭の写真は平沢貞通の葬儀以来13年振りに平沢死刑囚の養子となった武彦氏との再会を果たした時のもの。
酒井氏は「私が強くなれたのも平沢(貞道)さんのおかげ、これもなにかの縁だと思う。帝銀裁判が決着しない限りわたし自身の区切りもつかない」と再審協力を約束していた。
謹んでご冥福をお祈りいたします……

■平沢貞通氏を救う会ホームページ
音楽プロデューサー・酒井政利氏帝銀事件再審協力を約束!

 


タイトル写真説明
撮影:2000年12月15日 帝銀事件平沢死刑囚の養子・平沢武彦氏から平沢画伯の獄中画を受け取る音楽プロデューサー酒井政利氏、紀尾井町の事務所にて