エッセイ社会都市

Apple Maps Car との遭遇

撮影:2019年5月31日 Apple Maps Car / 荒川区東尾久3丁目26付近の路上
撮影:2019年5月31日 Apple Maps Car / 荒川区東尾久3丁目26付近の路上野暮用で近所に出かけた折、狭い路地に白いインプレッサが止まっていた。ふと屋根を見るとポールが立っていて全天球カメラらしきモノがあったので、「グーグル ストリートビュー」撮影車かと思ってシャッターを切っていたら、背後からパーカーに帽子、サングラス姿の男性がやってきて、あっという間に車に乗り込んで大通方面へと走り去ってしまった。
背後には児童公園があるため、用でも足そうとして駐車していたのかもしれないが、確かトイレはなかったはず。
撮影:2019年5月31日 Apple Maps Car / 荒川区東尾久3丁目26付近の路上自宅へ戻り、撮影した写真を拡大してみるとウィンドウには「Apple Maps」の文字とURLが表示されていて、Google Mapのストリートビュー撮影車ではないことが判明。
PCもスマホもAppleユーザーではないため、まさかApple Mapsがあるとは知らなかった。
撮影:2019年5月31日 Apple Maps Car / 荒川区東尾久3丁目26付近の路上ただ、このApple Mapsという名称、地図で有名な昭文社が発行している地図の名称がマップル(MAPPLE)だからややこしいし、いまさらGoogoleを上回ることは難しいかもね……。
あらためてこの車を調べてみると、イメージ収集車「Apple Maps Car」ということだった。

 
 
 


タイトル写真説明
撮影:2019年5月31日 荒川区東尾久3丁目26付近の路上で