エッセイ環境

東日本大震災(原発事故)から7年経っても……

※タイトル写真:2017年4月13日 浪江町・請戸漁港から撮影

がれきの山と福島第一原発 2017年4月13日 浪江町・請戸地区で撮影昨日は東日本大震災から7周年だったが、本日は福島第一原発1号機の水素爆発から7年目。明後日の14日は3号機、15日は4号機と爆発が続いた。
未曽有の原発事故から7年も経過しても状況は何も変わっていないのが現状だ。
昨日の追悼式で安倍首相は「7年の歳月が流れ、被災地では復興が一歩ずつ着実に進展している」と長々がと語ったが、原発に関しては「原子力災害被災地域における帰還に向けた生活環境の整備、産業・生業の再生支援など、復興を加速してまいります。」と触れたのみ。

津波被害を受けた家屋もそのまま放置されていた 2017年4月13日 浪江町・請戸地区で撮影放射能は見えないし、森友問題でそれどころじゃないから、原発事故そのものをなかったものにしたいんだろうね、きっと。