エッセイ

ネコジャラシ

通称・ネコジャラシは、日本全国どこでも見られるごく普通の雑草だけれど、その名の通り猫がじゃれて遊ぶだけでなく、柔らかい葉や穂先を食べてくれるので、猫の毛玉対策としても我が家では年に何度かは猫に与えている。
ただ、一番年長の「ぎい」は8月で推定17歳となるので、1本の牙と犬歯が残っているだけなので、食べる気持ちはあるのだけれど、いつまでたっても噛み切れない。
……と、これまでこの「ネコジャラシ」の正式な名称って考えたこともなかったため、ネットで調べてみると「エノコログサ」というイネ科の植物であり、粟の原種なので食用に使えるとのことだ。
ペットショップで売られている「猫草」もイネ科だから猫が好んで食すはずだが、いよいよ食べるのに困った時は、オイラもネコジャラシを主食にすることにしよう!