高級ブランドショップ前の寝心地……

投稿日: カテゴリー: エッセイ社会
本日、某カメラメーカーでのセミナー後の懇親会、そのあとの二次会でそこそこ飲み、実によい気分でフラフラと新宿駅まで歩いたのだが、西口の小田急内に「LOUIS VUITTON」ができていたなんて全く知らなかった。しかも、オープンは5年近く前で、よく通る場所なのに……だ。いかに、「ブランド」とは縁のない生活を送っていたかのを物語っている。
夜も更けつつある時間、帰宅を急ぐ人を横目に寝床の準備をする人の姿があったが、高級ブランドショップの前だからと言って、特段、寝心地がよいとは思えない。
明日もこの場所で寝られますように……。